ロゴを作成する際に商標調査を忘れずに行おう

ロゴ作成する際に注意すべき点は、商標に関するトラブルです。商標登録とは自分の商品やサービスなどを登録することによって商標権という権利を得る手続きのことです。もしも認可されていない企業などが商標登録されている図形や文字といったものを使用してしまうと商標権を侵害してしまう可能性があります。そのためロゴ作成をする際にはこういった商標トラブルを事前に避けるため商標調査をしておく必要があるのです。ロゴ作成を依頼する制作会社のサービスの中に商標調査というものが含まれているかどうかを事前に確認しておきましょう。

作業具体的に商標調査とは何をするのでしょうか。まずはロゴで文字を使用する場合その文字と同一か似ている商標がすでに登録されていないかを確認するという作業が含まれます。通常は特許事務所によって行われます。もしもそこで商標権に抵触しそうな可能性が少しでもあるのであれば、その文字や図形の使用を控えた方が良いでしょう。また自分で作成したロゴについても商標登録をしっかりとしておくことは大切です。商標登録をしていないと後々自分の企業が大きくなり、ロゴの価値が上がった時に他の企業にそれを使用されてしまう可能性があります。商標登録をしていなければ自分たちのロゴであるという証しがありませんので訴えることもできません。もしも自分の会社のロゴによく似たロゴがあらゆる品質の商品に使われてしまうと、結局のところ自分の企業品質の評判にも大きな影響を及ぼすでしょう。